引き蘢りの世捨て人の戯れ言。


by theone_ebonite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2007年 04月 24日 ( 4 )

専門家

首相、改憲に決意表明 自民集会で「GHQは素人」

貴方は何の専門家?
素人の首相?
カリスマ性も無く、言葉も響かない。

まさしく傾国の伝道師。


前に言ったよね。
「一国の政治家として、先の大戦の犠牲になった方々の想いを忘れてはならない。」
って。

何を思い、何を壊すの。

無駄な憲法改正は必要ないよ。
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-24 21:48

in dubio pro reo

<織原被告>無期懲役判決もルーシーさん事件は無罪

微妙。
限りなく、黒に近い灰色。でも灰色だから有罪には出来ない。
裁判制度上仕方のない事かもしれないが、必ずしも判決が人の心をとらえるか?といえば、それはまた別のお話。

今回の件で、釈然としない部分を醸し出してるのが知人(故人)の存在。
死人に口無し。
されど、事実、立証のしようがない。

求刑通りの判決が出たからとはいえ、検察の一番の狙いはルーシーさん殺害事件だったはず。少し焦りすぎた結果か?

灰色、嫌な色だ。
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-24 21:36 | 社会・事件

群衆の中のカリスマ

15回目命日に尾崎豊さんから“宝物”

中学時代、ラジオから流れて来た『17歳の地図』を初めて聞いた時、一発で引き込まれた。
歌詞の一つ一つに意味があるようで、直後に発売された『回帰線』と共にアルバムを入手。

友人に貸した所、瞬く間にクラス中に尾崎ファンが増殖した。

漠然とした不安や希望の中で、上手く言葉に出来ない事柄。
それらに1曲、1曲がどこか心をくすぐる所があった。

純粋なロックではないけれど、ロック歌手尾崎豊。
自分自身ではメッセージを発しているつもりはないのに、メッセージソングと捉えられて締まっているギャップ。
それらに苦しんでいると本人が『回帰線』の後の雑誌のインタビューで語っていた。

この間新聞に載っていた記事。
最近、教科書の尾崎が載っていて、倫理かなにかの授業で使われているとの事。
しかし、ながら、特にここ2〜3年の生徒達は詞が理解出来ないらしい。

「窓ガラス割ったりしたらあかんやん」
「人に迷惑かけたらあかんやん」

良い子ちゃん“ぶった”発言ばかりが出て来るとの事。

本心で言っているのか、取り繕っているのか分からない。
でも、20年ほど前に比べて、今の若年者が20年前には考えられなかったような事件を起こしている事も事実。
親や教師から“抑圧”ではなく、“沈黙”され続けて来た結果、表面上は平穏な毎日に見えても、何かのきっかけで平穏のバランスが崩れると、バランスの歪みに対処出来ずに、極端な破壊行動に走る。
そんな所か?

“灰色の壁の上、書きなぐった気持ちは、それぞれの在り方の虚しさに震えてるんだ♪”

“悲しみの色に塗りつぶされていく黄昏の街、家路を辿る人混みの中、愛だけ頼りに雑踏の中に君を捜している♪”
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-24 15:13 | 芸能・噂
「こんな仕打ち受けるとは」 長崎市長選 妻の「捨てゼリフ」

伊藤一長さんの娘さんの発言。
父親を突然殺害された事は言葉には表せないショックだろう。

しかし、旦那が代わりに選挙に出て、落選後に発した言葉。

たんに旦那に長崎市政を任せる事は出来ないと市民が判断しただけ。
それなのに、このような発言が出て来るというのは
市長の役割云々よりも、付随する社会的ステータスや、権力が必要だったのか?

父親がかすんでしまうよ。
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-24 00:05 | 社会・事件