引き蘢りの世捨て人の戯れ言。


by theone_ebonite
カレンダー

<   2005年 12月 ( 60 )   > この月の画像一覧

今年も残り23時間

来年はどんな年になるのやら。
とりあえず、3月までに引退するかどうか決断しなきゃ。
今年はボウリングで一番お世話になった方が突然亡くなられてしまい、その後を継ぐ形で色々あった。
純粋に競技を続けたい気持ちと、体制や選考方法などに色々矛盾を感じ、辞めようと揺れる中、その人と一緒に根幹部分に携わっているため、辞めれない部分もあった。辞めれないと言えば語弊が生じるなぁ。その人に期待されて、任されている部分もあったから辞めたくないって意識が強かった。

亡くなられて、後を色々ゴタゴタに巻き込まれながら何とか乗り切ってきた。
でも、体制は何も変わらない。むしろルールに関する部分なのに、上からは疎まれる。

競技者としての自信を体制への不信感が上回っている状況。
本当にどうなるか?
自分自身の心の叫びを良く聞いてみなきゃ。

周りはなんだかんだ言うても続けるに決まってるやん!
って目で見てますが、本当にどうなるか分からない。
実際に4月からも続けているかもしれない。でも、決して今現在は単にゴネているんではなく、本当に辞めようかどうか迷ってる。
もしも自分に何か趣味でもあれば、悩みもせず辞めてるよ。

まあスッパリ辞めれないという事は未練があるんだろうなぁ・・・。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-31 01:36 | 愚痴

奇病

アマゾンで奇病が発生、ペルー先住民8人が死亡

西ナイル熱なんかは、もういつ日本に入って来てもおかしくないと言われています。
梅毒やエイズみたいに一気に世界に広がる病気だってあるし、でも、実態が分からないからどうしようもないね。
どこかの国が細菌兵器の実験をした、とかいうのはないやろうね。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-30 15:17 | 社会・事件

浦和復帰よりも

小野獲得の意思認める サッカーのボルトン監督

一時期報道されてた浦和とフェイエの間で小野の浦和復帰合意っていうのよりよっぽど意義がありそう。
勘違いしないで欲しいのは浦和がしょうもないって言っているんではなく、日本がW杯で少ない1次リーグ突破の可能性を少しでも高めるためには伸二の復調は絶対不可欠なわけで、彼のイマジネーションや一瞬の判断力を高めるためには少しでも激しい所でした方が良いというだけの事。チームにヒデがいるなら尚よろし。

日本リーグ時代の観客500人って頃からスタジアム(当時は運動公園の方が多かった)でサッカーを見て、自分もサッカー部だった。Jリーグ発足当時スタジアムで観戦してがっかりした事、それはファンのファッション化。ゲームの中味や良いプレーなど分かっていなくて、人気のある選手が、野球の話に置き換えれば、1−0で負けている9回裏2アウト満塁の場面でピッチャーの前にバントして、ゆっくり1塁に走って余裕でアウト!ってなプレーにも拍手や歓声が飛んでいた。しかもそのプレーをした選手本人がスタンドに向かって手を挙げる始末。そんな中、神戸であった浦和対清水の試合を見て、当時はお荷物球団といわれ、某チェアマンから「消えてなくなれ」とまで言われていたレッズだったが、そのサポーター達の凄さに驚かされた。マナーは良いし、目立たない良いプレーにも拍手は起こる。何より驚いたのは先ほどの例の様な状況では浦和の選手に対しても罵声を浴びせていること。びっくりした。選手よりもファンのレベルの方が高いと思った。そんな中で福田やら水内やら必死でプレーしてたけど。
そんなレッズでも、いずれはまた伸二のレッズのユニフォーム姿は見たいけど、今はまだ帰って来て欲しくない。日本でプレーしてしまえば前園のようになってしまう恐れがある(独断)
試合感を取り戻すには是非プレミアかリーガ、セリエA辺りでプレーして欲しい。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-30 00:05 | スポーツ全般
昨日の夜中にTVでやってた。
石原さとみが小野田寛郎さんに体験を聞きに行くという内容。
陸軍中野学校の話やフィリピンの潜伏の話をされてました。
僕自身も戦争を知らない世代です。でも、広島で幼少から中学卒業まで過ごしたせいか、同世代に比べると平和への関心は高いと思ってます。
小野田さんのコメント、「逃げようと思えば逃げられた。でも、それで生き延びたとしても闘って生きて帰って来た人達に後ろ指さされるのが嫌だった。みんながそう思ってた。」
やっぱり、社会や風潮が思想に与える影響って凄いと思った。そういう事を経験した人の口から平和の大切さが説かれると重みが全然違う。

今のマスコミの『面白けりゃ良いや』『新聞、雑誌が売れれば良いや』的な“情報操作”の手法はやはり、戦前の思想統制へつながる道筋を孕んでいる様な気がしてならない。
単なる引き蘢りの危惧で終われば良いんだけど。
10年後は本当にわかんないよ・・・。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-29 18:21 | 社会・事件

来年は

引退かなぁ?
体力や技術では全然負けてる気がしないけど、気持ちが・・・。
メンタルなスポーツでこんな精神状態では自分の満足いくパフォーマンスなんてできっこない。
まあ、しばらくして心の底から『やりたい!負けたくない!』って気持ちが出て来るのを待つしかないか。
そういう気持ちが沸き上がって来なければ本当に引退だ。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-29 17:47 | ボウリング

不安定な精神状態2

壊れかけ。
自分自身でヤバいのがわかる。
ちゃんとしなきゃ!って自分で思うのがまた重荷になって跳ね返って来る。
犯罪に走らないだけまだマシだ。
でも、自分が壊れかかってる事は間違いない。
平常を装うのがしんどい。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-29 16:37 | 愚痴

不安定な精神状態1

先週の日曜日、今年最後の選手権があった。
当然最低限予選突破をノルマとして出かけた。が、しかし、朝一の練習投球が始まって、アプローチを確かめたら微妙に合わない。
ヒールを交換しようと思って、リュックから靴裏一式を取り出そうと思ったら、な、な、ないじゃん!慌てて、練習投球にも身が入らず、鞄の底までひっくり返すもない。
ガビーン!!
過去のシューズの使えるソールを採っておいて、同じ番号でも微妙にスライドを変えられるようにしていたので、ショックがでかい。
『靴買わにゃ』などとアホな事を考えて集中出来ないまま、2スプリット2イージーで150ジャストスタート><かなりのハイスコで周りはほとんど真っ赤っか。

ヤバいと思いつつ、ブラシで靴裏こすりながら、2G目から集中。
220,220とシリーズマイナス1ピンで終わる。思った程1シリーズ終了時の予選通過ラインが高くなかったので(予想680,実際640)俄然張り切る。
レーン自体は難しくないので、2シリーズ目の出だしも220スタート。
しかし、5G目に突然ピンが飛ばなくなった。中盤まで4G目の近辺でラインを探すも永久に飛びそうにないので、中の速い所を使ってオイルを長く使うライン取りに変更。何とかダボって200で終了。6G目は他の人が外で死んでるのを尻目に中から出してストライク、スペアの後3連発。6Fはジャストで8番がタップ。オイオイ/
でも、くじけず7Fからオールウェイで250で終了。
2シリーズ終了で+90まで回復し、予選突破圏内突入。
最終シフトも他の選手が12枚前後のライン取りに対して18枚から先ほどよりは幅を抑えてアンラッキータップ2回も220。予選突破確実!と思いきや。
8G目にそれまで12枚を投げてた初顔の兄ちゃんが同じライン取りに変更><
しかもノーヘッド連発。タマも独楽が回ってる。
嫌な予感的中でピン前にドンドンオイルがたまって来た。
曲がり出しはイメージ通りなのに、バケットが3連発。仕方ないのでラインを変更しても中へ入っても外へ出ても全然合わない。
結果、無惨に予選落ちとなりました。
普段は正月はゆっくりするのですが、来年は年明け2週目から2週連続選手権、更に2週空いて全日本年齢別と例年になくハード。モタモタしてたら国体予選も始まるし、来年こそは良い1年になりますように。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-29 02:03 | ボウリング

ドナ婚約

米女優トリ・スペリングさん、交際相手の俳優と婚約

ビバリーヒルズ高校白書、ビバリーヒルズ青春白書のドナ・マーティン役のトリ・スペリングが婚約ですか。
女性陣ではダントツ人気のケリー(ジェニー・ガース)を除いても、イマイチ他の女性陣に比べても人気が最初はなかったドナちゃん。が、役柄の健気さが受けて、徐々に人気も出ていましたね。親の七光りで、役柄も女性陣の中では一番好かれる役だったのも事実ですが。
個人的にはブレンダ(シャナン・ドハーティー)が一番好きだったんですが、性格が災いして消されてしまいましたからね。

一番びっくりしたのが、メイキングか何かの時に、主な出演者全員がブレンダがいなくなってくれて嬉しかったと語っていた事、ディラン(ルーク・ペリー)がブレンダとのキスシーンでムカつくから1週間歯を洗わずにキスシーンに臨んだと言っていた事。
とことん嫌われていたようです。


話は戻って、トリ・スペリングって誰かと結婚した、って聞いた覚えがあるんだけどだまされてたのかなぁ?
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-29 01:42 | 芸能・噂
五輪目指す原田が2位

正直な所、かなり厳しいと思います。
原田さんのトリノ出場。

でも、リレハンメルの失意から長野での歓喜。彼の精神力は生半可なモノではなく、土俵は違えど同じスポーツに携わる者として心底敬服します。

自分の失敗で逃した金メダル、取り返しのつかないミス、いくら長野で金メダルを得たとはいえ、決して彼には忘れる事の出来ない悔しさでしょう。
でも、その悔しさや、周りからの有形・無形両方を含めたバッシング、自分自身へのプレッシャー、そういったモノに負けずに立ち向かった彼は本当にスポーツマンの鑑です。

ここしばらくの成績ではトリノ五輪出場は厳しいでしょう。が、各選手が不調のため、コンチネンタル杯で成績を残せば五輪出場に道が開ける可能性もあるようですが。

彼のチャレンジし続ける精神力、まだまだ原田雅彦が終わっていない事をトリノの空高く舞う彼の姿で表現してくれたら最高なんだけどな。

紅の豚の中の名台詞ではないですが、上を目指す事を諦めたスポーツ選手は一線では闘う事は不可能です。気持ちではまだまだ衰えていない原田選手の“奇跡”を応援しています。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-27 02:32 | スポーツ全般

久々に師匠と

僕にとって精神的にも技術的にも原点である大師匠と久々にご一緒しました。
最近精神的にへこむ事が多かったけど、師匠の言葉の一つ一つに勇気づけられ、周りからどう思われようと、自分にとって正しい道を進む勇気をもらいました。

もう現役は退かれた身ですが、とてもとてもかないません。
少しでも安心してもらえるように、また頑張ります。
[PR]
by theone_ebonite | 2005-12-25 01:09 | ボウリング