引き蘢りの世捨て人の戯れ言。


by theone_ebonite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:芸能・噂( 28 )

疑惑

人気ミステリ作家が徹底検証!『イキガミ』盗作騒動の罪

前から騒がれている盗作疑惑。
星新一はかなり好きで、中学、いや、確か小学校の5〜6年辺りからショート・ショートはほぼ全作品読んで来たつもり。

ここで、残念なのは「イキガミ」を全く読んだ事がなく、映画も見ていないし、見る気にもならないので、実際に盗作なのかどうかは自分では判断はつかない。

ただ、『生活維持省』は星新一のショート・ショートの醍醐味というべきブラックユーモアに溢れた作品で個人的にとても好きな話なので、今回の騒動はこんな形で星氏の名前が注目を集め、残念だった。

ホームページで両者の見解を読んだが、小学館側に矛盾を感じ、見解・対応の面からのみ考えると小学館側には後ろ指を指されそうな事をしていたと思わせるところはある。

漫画雑誌にしてもそうだが、色々トラブルを作家との間にも起こしている出版社だし、著作権という概念を一番大事にしなければならない職種のはずなので、もう少し、誠意ある姿を見せてもいいのでは?

こんなんじゃ、もう週刊誌も買ったらんけぇのぅ。
[PR]
by theone_ebonite | 2008-11-08 04:33 | 芸能・噂

裏切りの末路

小室容疑者、著作権譲渡を予習 1年前、5億円詐欺容疑

単に世間連れして、金銭感覚が麻痺しただけかと思いきや、
計画的な犯行ですか・・・。

こんな単純な事がバレないと思っているなんて、
ホントにおめでたい頭だ。

一時期、日本中にTKミュージックが溢れてた時、
彼の作曲した曲は聴いただけで何となく分かった。

売れる旋律が分かっている!

と以前に豪語していたが、

ようは馬鹿の一つ覚えだったのか?

同じ手口を繰り返し、数人を騙そうとした
続きを読む
[PR]
by theone_ebonite | 2008-11-06 22:36 | 芸能・噂

金に踊らされた男

「それでも妻には高級酒」女と金に翻弄された小室哲哉の転落人生

バブルの絶頂期とはいえ、信じられない額を稼いでいた男、小室哲哉。
真っ当に稼いだ金だろうが、お金がありすぎて金銭感覚の崩壊・・・。

一度贅沢、いや、王様暮らしを覚えてしまえば、その生活から抜け出す事など無理な話。

プロデューサーとして、音楽家として人気が衰え、収入が減っても身に付いた金銭感覚は
庶民のものには戻れない。

吉本に身売りしたり、色々と金を稼ぐ算段をしてみても、やはり才能的に無理があったのか
ついには詐欺にまで手を染めてしまった。

まあ、お金が欲しい・必要だ!ってのは分からないでもないが、
それで犯罪に走るのはまた別のお話でありまして
続きを読む
[PR]
by theone_ebonite | 2008-11-04 16:35 | 芸能・噂
赤江アナ テレ朝生放送で交際宣言

関西でも人気者だった珠ちゃん。
関西ローカルの深夜番組で吉本の芸人の下ネタにも決して臆する事無く、平然と「マイクを握っておクチで仕事、朝日放送の赤江珠緒です!」と自己紹介する痛快さん。

新人の時に月1番組の『Big 4 ボウリング』のリポーターに抜擢され、あっという間に人気者になっていった。
飾らない人柄で今まで噂が出なかったのが不思議なほど。
このまま順調に行けばいいね、お幸せに。
[PR]
by theone_ebonite | 2007-05-17 16:00 | 芸能・噂

民族の好みの違い

ピープル誌の「最も美しい人々」のトップにドリュー・バリモア

ドリュー・バリモア。
ある意味ぷっつん女優。
でも、ある意味デ・ニーロ並みの名優。
役柄によって可愛く見えたり、綺麗に見えたり、はたまた不細工に見えたりする。
役を作り上げる事によっての表情や仕草や雰囲気で作り上げる印象。
ヒラリー・スワンクよりも幅は広い。
ヒラリー・スワンクよりは確かに美人だ。

でも、今回の名前が挙がっている中では個人的にはスカーレット・ヨハンソンに1票。
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-26 23:03 | 芸能・噂

群衆の中のカリスマ

15回目命日に尾崎豊さんから“宝物”

中学時代、ラジオから流れて来た『17歳の地図』を初めて聞いた時、一発で引き込まれた。
歌詞の一つ一つに意味があるようで、直後に発売された『回帰線』と共にアルバムを入手。

友人に貸した所、瞬く間にクラス中に尾崎ファンが増殖した。

漠然とした不安や希望の中で、上手く言葉に出来ない事柄。
それらに1曲、1曲がどこか心をくすぐる所があった。

純粋なロックではないけれど、ロック歌手尾崎豊。
自分自身ではメッセージを発しているつもりはないのに、メッセージソングと捉えられて締まっているギャップ。
それらに苦しんでいると本人が『回帰線』の後の雑誌のインタビューで語っていた。

この間新聞に載っていた記事。
最近、教科書の尾崎が載っていて、倫理かなにかの授業で使われているとの事。
しかし、ながら、特にここ2〜3年の生徒達は詞が理解出来ないらしい。

「窓ガラス割ったりしたらあかんやん」
「人に迷惑かけたらあかんやん」

良い子ちゃん“ぶった”発言ばかりが出て来るとの事。

本心で言っているのか、取り繕っているのか分からない。
でも、20年ほど前に比べて、今の若年者が20年前には考えられなかったような事件を起こしている事も事実。
親や教師から“抑圧”ではなく、“沈黙”され続けて来た結果、表面上は平穏な毎日に見えても、何かのきっかけで平穏のバランスが崩れると、バランスの歪みに対処出来ずに、極端な破壊行動に走る。
そんな所か?

“灰色の壁の上、書きなぐった気持ちは、それぞれの在り方の虚しさに震えてるんだ♪”

“悲しみの色に塗りつぶされていく黄昏の街、家路を辿る人混みの中、愛だけ頼りに雑踏の中に君を捜している♪”
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-24 15:13 | 芸能・噂

ミスターいい加減

以前からパフォーマンスだけで中身が無いと言われてる男。
番組の内容も理解せずに好き勝手な振る舞いで、アシスタントの有能さだけで成り立っている番組がほとんど。

時勢に乗って、調子をこいておきながら、自分のやり過ぎを棚に上げて媚びへつらうんですか?

バラエティで、適当な事をしてるならまだ許せるけど、報道に携わるものなら


「ズバ!っと番組休止しろ!」
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-19 15:11 | 芸能・噂

バカが一杯

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

可愛そうなユンソナ。
別にファンでも何でもないけどね。
まあ、色々書き込みたい奴はいるんだろうけど。

ロクに民族意識も愛国心も無い上に、勤勉でもないし、自尊心も持ってないから過去の非道に無関心。
そのくせ風潮に煽られて、他国をけなす、他民族をバカにする。
自国の風土に寄生している最凶国家には尻尾を振りまくっているバカども。
そんな国に来てしまったのが運のツキだったのかもね。
でも、そんな国にも中には色んな人がいるから、これからも頑張ってよ。
[PR]
by theone_ebonite | 2007-04-17 21:56 | 芸能・噂

喉元過ぎれば・・・

計算高さが理由?島田紳助に逆風

暴行事件の直後は、「許して下さい、心を入れ替えて償います。」と涙ながらに訴えていた紳介。演技っぽいな?ってうちの家族は意見が一致してました。

多分、東京を含めた関東よりも関西の方が復帰後の紳介のTVを目にする機会が若干多いはずで、以前からの関西ローカルの冠番組に復帰後は、前よりも毒々しくエラそうになってるやん!って印象を受けてたので、事件以前は結構見てた番組で、事件後も番組の構成とかは何も変わってないのに、復帰後の紳介の番組での若手に対してのやりたい放題などを見ていて、紳介のあの謝罪が演技のように思えてその番組も見なくなりました。

まあ、芸能界は素人が見たら売れたら楽して金儲け出来ていいねぇ!って見方もあるかもしれませんが、芸能人には芸能人の辛さとか、悩みとか努力とか色々あるでしょう。売れてからも、売れてるからこその苦労とか更なる努力とかもあるでしょう。

でも、紳介からはオレはビッグだ文句あっか!ってオーラ?を感じてしまうのは何故?それも嫌味な。
さんまからは嫌味な感じはあんまり受けないけど、単なる好き嫌いの問題なんかな?
[PR]
by theone_ebonite | 2006-04-25 15:22 | 芸能・噂
Excite エキサイト : 芸能ニュース

Cueのタレント日記などでもこの話題で沸騰していましたが洋ちゃん大出世ですね。
「どうでしょうリターンズ」以前に関西で洋ちゃんを見る事が出来るのはPaPaPaPa!Puffyくらいのもんでしたし、その時には北海道のタレントとも知りませんでしたが、面白くて、好感の持てる青年でした。その時もイジラレキャラだったけど・・・。

でも、今の彼があるのはやはりミスターとの出会いがあったから、どうでしょうとの出会いがあったからこそでしょう。
Cueのホームページを見てていつも思うのは鈴井貴之という人の懐のでかさ、人間的な大きさです。もちろんフジやん、うれしー両大先生を忘れる事はできませんが、そういった色んな人達との出会いを洋ちゃんが大事にしているからこそ今の大泉洋がいて、「Team Nacs」があって、ローカルタレントなのにキー局に引っ張りだこと言う現状があるんだと思う。

これからますます「どうでしょう」の人気は高まるだろうし、彼は一生どうでしょうしなければならないわけですが「原点」を忘れずに頑張って欲しいです。
[PR]
by theone_ebonite | 2006-03-31 16:39 | 芸能・噂