引き蘢りの世捨て人の戯れ言。


by theone_ebonite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

負ければ監督の責任、勝てば選手のおかげ。

<トリノ五輪>「成績不振は徹底分析」 遅塚選手団長

今回のオリンピック、荒川さんの金メダル一個、でも充分じゃん。メダルだけが全てじゃないし、参加する事に意義があるのがオリンピックだから。

本当にそう?
「負ければ監督の責任、勝てば選手のおかげ」
今まで僕が経験して来たチームスポーツ、野球、サッカー、ボウリング、全てでこの言葉を聞いて来た。確かにこの言葉には一理あると思う。

でも、今回のオリンピックは?


荒川さんの金メダル、ショートプログラムの時から日本人女子選手の得点を待つ間、選手、コーチ以外に目立とうとしてるうざいおばさんがいると感じたのは僕だけでしょうか?
荒川さんの金をまるで自分の手柄のように喜んで画面で目立ってた人、興ざめでした。

スノーボード、以前にも書きましたが、最初のエアの着地が決まらなかったから後のエアでは技を出さない。そんな心構えでメダルが取れるわけないし、いつまでもメンタル面での成長が臨めないから競技者の質も底が見える。ただ単にタマタマ上手くいった時に入賞争いが出来るだけ。ハーフパイプの日本代表の中でも特に若い選手、くじ引きはなかなか当たらないよ。


ジャンプの原田選手、失格に対して色々言われてる。ジャンプの規定の詳しい事は知りません。でも、解説者だか、ある選手が、今のルールでは昨日検定を通ったスーツや板が次の日には失格になる事が充分にあり得ますって言ってました。
確かに自己責任と言えばそれまでかも知れない。でも、オリンピック競技の特に冬季競技の種目等は用具のサプライを受けて成り立つものがほとんどで、更にワックスやら、エッジの調整やら色々大変な事が多く、専門の技術者が帯同している事も多い。そんな競技であれば、きちんと体重の管理&用具の管理は本人任せでは成り立たなくなって来てるのでは?
原田贔屓のコメントである事は重々承知で、百歩譲ってもフィンランド人のコーチのとっとと日本に帰れ!発言は頂けない。
団体の目標は6位に置いていたらしく、目標は達成したと彼は胸を張っているが、オーダーの組み方や選手の起用法には多くの問題があると思うし、何より、あの実力で世界に通用するわけもなく、それでも目標達成!と胸を張れる彼の図太さには呆れる。
ハッキリ言って、「大惨敗!責任とって辞任しろ」

まあ、こんな風に見ててメダル云々の問題ではなく、苛立たしかった競技が多かった今回の日本チーム。メダルの数はもしかしたら上出来なのかも知れない。

そんな中、岡崎朋美やカーリング、荒川、村主、アルペンの皆川、湯浅、旗門不通過を戻ってまでやり直して完走した生田選手等は頑張る姿を見せてくれた。
もちろん、見てない競技の中に頑張ってる選手は多々いるだろう。
でも、オリンピックに参加する事、オリンピックの舞台に立つ事の意味をもう一度考えないと日本の低迷はまだまだ続きそうだね。
夏期もうかうかしてられないよ。
[PR]
by theone_ebonite | 2006-02-27 00:34 | スポーツ全般